キレイなアパート

変化に対応できる

賃貸マンションの特徴のひとつが、変化に対応できるということです。引っ越しの必要が出てきた時にすぐに対応することが出来るという点が、分譲マンションなどとは大きく違うところなのです。

この記事の続きを読む

敷金の支払い

賃貸マンションを借りる際には、敷金というものが大きな意味を持ちます。入居する時に敷金を支払い、退去する時に、敷金を使って部屋の汚れたところをキレイにするのです。汚さないように住むことが、肝心です。

この記事の続きを読む

マンションの探し方

賃貸マンションの探し方としては、それを紹介してくれる会社を利用するのが一番だと言えます。街に店舗が開かれ、ネットの世界でも探すことが出来るようになっているのです。

この記事の続きを読む

部屋のタイプ

賃貸住宅を借りる場合にはどの場所に借りるかということと合わせてその金額も気になるところです。通常不動産賃貸の場合には、初期費用として手数料や敷金、礼金、初回の家賃、駐車場代、共益費などいくつかに分かれていますが、2LDKだと30万円から40万円が妥当な金額になります。 毎月の家賃は場所とその部屋の広さ、築年数によって変わってきますが、2LDKであれば8万円から12万円ぐらいが妥当ではないでしょうか。 ワンルームの場合は家賃が5万円から8万円ぐらいが妥当です。当然都心部ではもっと高くなりますので注意が必要になります。 例外として、敷金や礼金が必要な住宅や更新費用がいらない不動産賃貸もありますので、その点も見ておきましょう。

不動産賃貸の家賃価格の傾向は、20年前からそれほど変わっていません。これは投資としての価値を下げないためとも言われていますが、明確な理由はわかりません。 ただ今後の不動産賃貸は場所によって格差が開くものと考えられます。それは最近の不動産賃貸の空室状況を考えるわかりますが、地方都市や郊外ほど空室が目立ってきています。それにより不動産賃貸のオーナーとしてはギリギリまで価格を下げるか売ってしまうかの選択に迫られますが、空室が多い不動産を売ったとしても買い手が見つからないですし、見つかったとしても二束三文で売る羽目になります。そう考えると家賃を下げるしかありませんが、いくらかは下がりますがそこまで下がることはないでしょう。